帯状疱疹にかかった話

僕は結構前に帯状疱疹という病気にかかったのですがわりとしんどかったせいもあってか記憶が残っているので書き残しておくことにしました。

 

【そもそも帯状疱疹とは】

水疱瘡のウイルスが原因となる皮膚湿疹の一種です。帯状疱疹ができた箇所はピリピリしたような刺激痛を感じることがあります。過去にかかった水疱瘡のウイルスは体内に潜伏していて、免疫力が低下したときにそれらが現れてしまうと帯状疱疹になってしまうようです。水疱瘡にかかったことのある人なら誰でも発症する可能性はあります。

特徴としては神経に沿って湿疹が現れるので体の片側だけに症状が発生することがあります。

また、中高年以上の人に発症することが多いようです。(僕は22歳で発症しましたが)

 

f:id:Tsu_ge_39:20190205143035j:plain

 

www.healthcare.omron.co.jp

www.maruho.co.jp

 

【自分の症状】

僕は左頭部(頭皮)が帯状疱疹になりました。↑のページにもあるのですが発症する箇所は様々です。ただ、頭にできると自分の目でも見えないし他人から見ても髪で隠れているので気づきにくく他の病気か何かと勘違いしてしまい発見が遅れてしまう可能性が高いです。早めに対処したほうが楽に治ります。

 

【発症~治療の経過】

覚えている範囲で。

~発症前~

土曜日:夜アルバイト

日曜日:朝アルバイト

なのに土曜の夜にSkypeで通話をしながらクソゲーをしていたら4時くらいになっていて睡眠時間足りないままバイトへ

疲れが溜まっていたのかもしれませんが、あとで思い返すとここが良くなかったように思います。

 

~発症後(推測)~

月曜日:左頭部に痛み。体調悪い時の頭痛みたいな鈍痛ではなく電気が走るようなピリピリした痛みがたまに起きる。

このときは純粋な風邪とかだと思っていたので月~水まで早寝したりきちんと風呂に入って過ごす。

木曜日:全く治らないので内科に行く。リンパ節(耳の下あたり)が腫れているので風邪かなという診断結果。リンパ節はウイルスと戦っていると腫れます。(のちにわかるのですが本当は風邪のウイルスではなく帯状疱疹水疱瘡ウイルスと戦っていたため腫れています。)

金曜日:鏡を見たときにリンパ節あたりにぷくっと膨れたタコ?がいくつか見つかる。皮膚がボコボコしてました。

土曜日:流石に治らなくてバイト休む。ふと手を頭に持っていったときめちゃ違和感を感じたので親に頭部がどうなってるか見てもらう。湿疹みたいなのがたくさんできてたので週明け皮膚科に行くことにしようという話になる。

日曜日:痛みをまぎらわすためにゲームする。安静。

ちなみに土日の夜が一番しんどくて刺激痛が収まらないのでほとんど寝られず。

 

~病院編~

月曜日:2/3出席の必修単位のために学校行った後に皮膚科行くつもりだったが起床時点で38℃熱があって学校行くのを諦めて皮膚科に向かう。

診てもらいここで初めて帯状疱疹であると知る。「なんだその名前は?」ぐらいの心持ちでいたのですが「だいぶひどくなっているのでとりあえず点滴打って、あまり良くならなければ入院して治療」と言われあまりに唐突すぎてショックで貧血を起こす。診察室から治療室まで3mもなかったのだが看護師に抱えられながら移動中に一瞬気を失い治療室に倒れ込む。気づいたら看護師に足を持ち上げられ自分は床に仰向けになっていて死ぬほど恥ずかしい思い。貧血には気をつけよう。(これは帯状疱疹の症状とは関係ありません)

f:id:Tsu_ge_39:20190205145900p:plain

 

ベッドで横になり落ち着いたところで点滴を打たれる。(この場合の点滴は一般的な?栄養の点滴ではなく、血液中に抗ウイルス剤をいち早く投与することを目的とした点滴です。)

点滴終了後飲み薬と塗り薬をもらい家に帰る。効きが早かったのか前日よりもだいぶ楽になる。風呂には入れるけど帯状疱疹がだいぶ良くなるまで髪を洗ってはいけないらしい。

 

火曜日:良くなるまで点滴を打ちに通わなければならないためこの日も皮膚科へ向かう。次の週の土日に東京へ行く予定があった(このときはまだ関東に住んでいない)ので「マジで入院はやめてくれ!」と願っていたら前日の点滴の効きが良かったため入院は免れる。終わった後家帰って痛みを紛らわすためにゲーム。

 

水曜日:火曜日とだいたい一緒。この辺りで積んでたソフィーのアトリエをトロフィーコンプリートできた。

 

木曜日:この日も点滴を打ちに皮膚科へ行ったがもう点滴は大丈夫でしょうということになり後は飲み薬と塗り薬で治すことになる。

 

~完~

 

長々と書きましたがこんな感じで僕の帯状疱疹とのお付き合いは終わりました。点滴は慣れたら打たれたあと天井見上げてるだけだったのですが、一番しんどいのは痛みが定期的に襲ってくるせいで夜寝られないときでした。重症化するほど大変な思いをするので似たような症状あったら気をつけてください。

 

【まとめ】

・疲れをためすぎたり無理に夜更かしをするのはよくない

・頭にできる帯状疱疹は気づきにくいのでちょっとおかしいと思ったら病院いくべき

・貧血で気を失って倒れるとあまりにもダサくて恥ずかしい思いをする

【感想】 熱帯魚は雪に焦がれる 4巻

タイトル:熱帯魚は雪に焦がれる4 (電撃コミックスNEXT)

作者:萩埜まこと

twitter.com

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91OVzPnpoEL.jpg

 

 

【概要】

 3巻終わりで文化祭当日に熱を出してしまった小雪を残し一人でハマチショーをすることになる小夏。ショーは成功し、文化祭後に小雪の家にお見舞いに行く小夏。そのときの小夏の一言からあることを思い出しいろいろと考え出してしまう小雪~~~って感じでした。内容をバラしすぎないように伝えるのが難しい。

 

【感想】

全体を通して小雪の動向がとても良かったです。お見舞いに来たときの一言から小夏の過去の発言を思い返しては考え、思い返しては考えるのに小夏にそれを絶対言えなくて「うわ~~~」ってなってるところが可愛い。小夏から連絡きたら悩んでたのに嘘みたいに笑顔になるし。

今回の巻では1コマで2ページ使ってる箇所が1箇所あるのですが僕自身はその表現方法好きです。(citrusで何度か見たことある)

小夏に対して小雪の「好き」が大きくなりすぎているように感じますがこの先どうなっていくのでしょうか。

 

 

www.amazon.co.jp

【感想】 リリウムテラリウム

タイトル:リリウムテラリウム (Lilium Terrarium)  (百合姫コミックス)

作者:ED

twitter.com

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91m3imjNmVL.jpg

 

 

【概要】

 ゆりひめ@ピクシブにて連載された「リリウム・テラリウム」は、恋や友情に悩む女子たちの青春を描く日常オムニバスストーリー。

と説明されています。

全部でストーリーは16ありますがそれぞれの間で同じ人物が登場し話がつながっているものもあり、大きく分けると5つです。その5つの大枠ごとに色が設定されているのでどこが話の切れ目なのかはわかりやすくなっています。

一番最初のストーリーである「ゆりごっこ」はTwitterでかなりRTされていたので1度は見たことあるって人も多いのではないでしょうか。

 

【感想】

僕自身は長めに漫画を読んで登場人物の心情変化の様子を楽しむのが好きなのであまり短編集とかアンソロジーコミックとかは買わない主義なのですが、Twitterで流れてきた漫画をチラっと見て惹かれたので買いました。

まず題材として「女子たちの青春」を描いている点が自分の好みとぴったりハマっていたので読んでてウンウンなっていました。「ゆりごっこ」のように気の強めな登場人物がお話を持っていってしまうものより、「好き」の形にもいろいろあるよね?っていうスタイルの方が好みでした。

ただやはり短編モノではあるので個人的にはこれが長くなってくれたら嬉しいな~と思う限りです。

また、イラストが人物・背景ともにめちゃ丁寧です。途中に出てくるカメラには流石にビビりました。絵に惹かれて買うのも全然アリなくらいです。

 

www.amazon.co.jp

ゆりえっちとレズセックス

Otaku Advent Calendar 2018 22日目の記事です。

adventar.org

 

 

※今回の記事は千年パズルに眠るもうひとりのボクが書いています。

※主観的な内容,勝手な想像などが大半を含みます

※記事内の「ゆりえっち」という単語は全てひらがな表記のものを使用しています。理由は僕がもっとも美しいと思うのがその表記だからです。

f:id:Tsu_ge_39:20181216010912j:plain

 

僕は「百合」というコンテンツが好きというか百合漫画を読むのが好きでよく買っています。読み始めてから5年位にはなると思うのですがたびたびと思うことがありました。

 

「ゆりえっち」と「レズセックス」の違いってなんだ・・・?

 

と。

実際に読んでる漫画とかにそういった描写が出てくることはほとんどないのですが言葉として存在を認知してしまった以上二者間の差についてとても疑問でした。

というわけで僕が大学へ行く途中などなどに地道に考えた両者の違いについて綴っていきたいと思います。

あんまり長いと読むのが大変なので簡単に。

 

1. それぞれの印象

「ゆりえっち」

・可愛げがある

・えっちそう

・幼そう

 

「レズセックス」

・字面からして強そう

・激しそう

・欲

 

2. 印象からの考察(?)

自分が読んできた漫画の中で両者に当てはまるものはどれかと考えたときに「ゆりえっち」に当てはまるものが全くありませんでした。やはり登場人物の関係が深くなりすぎるとお互いを求める思いが強くなりがちで「ゆりえっち」にはなりづらく,かといって登場人物の関係がそれなりに深くならないと「ゆりえっち」までには至らずふわっとした関係(?)になってしまいがちという印象です。「ゆりえっち」を表現するためにはお互いを求める思いがありつつも,それが行き過ぎることなくぎごちなさとか恥じらいみたいなものが登場人物に必要だというわけです。この場合行為自体は目的ではないと考えています。

対照的に「レズセックス」はイメージしやすくて互いに「欲」があれば成立しうると思います。最悪登場人物同士に恋愛的な感情はなくて体を求めるものであってもそれは「レズセックス」でしょう。こちらは行為自体に目的があるように考えています。

 

3. 結論

・お互いを確かめ合うのが「ゆりえっち」(行為自体が目的でない)

・お互いを求め合うのが「レズセックス」(行為自体が目的(であることが多い))

です。

 

他の方の意見もしりたいので「こう思う!」みたいなのあれば教えてください。

 

・余談

Steamにこんなゲームもありますので良かったらプレイしてみてください。

store.steampowered.com

コンテンツが好き

Otaku Advent Calendar 2018 5日目の記事です。

adventar.org

 

さあ何を書こうかというところだったのですが最近思っていたところがあったので自分のスタンス(?)みたいな話をしようと思います。

 

今年の3月までは夜行バスで12時間かかるような場所に住んでいたのですが,今は電車で片道1時間で行けるような距離に住んでいます。引っ越す前までは「毎週東京行くぞw」ぐらいの心持ちだったんですが結果としてそういうことにはなりませんでした。この1年弱ぐらいでなんとなく考え方が変わってきたからでしょうか。

 

現状の自分は「めちゃくちゃ好きな声優がいるからその人が出てるイベントなら何でも行く」ではなく「好きなコンテンツのイベントに行く」という姿勢であると感じていて今年の楽しかったイベントはコンテンツのイベントだったかなと思っています。

ナナシスのメモリアルライブ,4thライブとかアイカツ5周年フェスとか特に。ともかくナナシスが自分のめちゃくちゃ好きなコンテンツであることを確固として自覚できたのは良かったです。

 

ただコンテンツが好きっていうのだと深いこと考えず適当に過ごしていけるのですが,懸命に1人を追いかけているような人を見ると自分がいかに空虚なのかと考えてしまうことが多くなりました。果たして自分はどうなりたいのかと思うことが多くなる日々です・・・

 

疲れからかダウナーよりの内容になってしまいました

やや反省

今年のイベントを振り返り(後編)

Otaku Advent Calendar 2017 19日目の記事です。

adventar.org

 

全部書くと長くなりそうなので2回に分けましたが多分後編の方が長めです。

 

7月

29日(土) 30日(日) THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 福岡公演 西日本総合展示場

チケ当たったはいいものの31日がテストでやや萎えていた。

ナナシス行った後だとシンデレラガールズのライブは面白みに少しかけるように感じてしまっていたのですが,この公演の後半めちゃ強くてビビりました。

Neo Beautiful Painがいろんな意味で強すぎる。

 

8月

25日(金) Animelo Summer Live 2017 -THE CARD- 1日目 さいたまスーパーアリーナ

僕はこの日の前日に大学院入試だったのですが日程的に回すしかないと判断したため参加。

入場前にorzたっぷと会い,どうやらたっぷがPyxisのFLAWLESSでデュエマのパック開けるらしいとのことで絶対楽しいと感じたため僕も購入。

 

アニサマは初参加でしたがライブ中は院試の疲れを忘れて楽しんでました。Aqoursの時に周りが各々の推しの名前を叫ぶのが面白くて笑ってました。

FLAWLESSの落ちサビで開けたパックのカード全然光ってなくてしょげていましたがレアのカードが200円で売れたので微アドでした。

 

9月

10日(日) SEASIDE SUMMER FESTIVAL 2017 in OSAKA 昼の部 夜の部 なんばHatch

大阪でやるならメンツアドだし行くか~って感じで参加。あどりぶから大橋彩香さんのオタクになった身としてはソロでのイベントとはまた違った姿を見られて,たまにはこういうイベントも行くべきやな~と思いました。

 

16日(土) アニソンフィットネス〜A-fit LIVE LESSON in 京まふ〜 みやこめっせ(京都市勧業館)

元々関西に住んでる友達のところに遊びに行く予定でしたが回せることに気づき,高田憂希さんが出るとのことで参加。

最初座席置いてあったのに「フィットネスするので椅子全部撤去で」とのアナウンスがあり一気にオタクが盛り上がり始めました。

この日は「もってけ!セーラーふく」でフィットネスでした。正直なめてましたが,もう終わる頃には汗びっしょりでした。雰囲気が途中からアニクラっぽくなってきて予想以上におもろかったです。

 

24日(日) 大橋彩香 バースデーイベント ~はっしーバースデー2017~ EXシアター六本木

「現在特技募集中の大橋彩香にむいている特技は?」というコーナーでのタップダンスがめちゃうまくて流石に感心してしまいました。

恒例化しているイベントですが毎年ライブパートが減ってきているので来年は座って見ようかなと。

 

11月

11日(土) 勇者セイヤン(仮) CBGKシブゲキ!!

ハニプラの前日に行けそうで篠田みなみさんにちょっと興味あったからというかなり軽い気持ちで参加したイベントでしたが終始物語の世界観に魅入られ,終わる頃には言葉を失ってしまうほど行って良かったと思えるイベントでした。

舞台観劇は初めてなのに最前席だったせいか開始前に何故か自分が結構緊張してました。開始早々篠田さんが登場してバンと前の方に出て,もうその時点でヤバイヤバイと感じていたのにOPのダンス(キャスト全員)のクオリティが高すぎて感心しかありませんでした。僕はTokyo 7th sistersの春日部ハルとしてステージでパフォーマンスをする篠田みなみさんしか見たことがありませんでしたが,勇者セイヤンのキャメロン役として舞台に立つ篠田みなみさんから感じ取ることができたものは演技の幅の広さや本人の持つ表現力など,声優のイベントでは見ることができない面ばかりだったと思います。

篠田さんを見に来たつもりだったのに物語に登場するキャラクターの良さやキャストの方々の演技力がものすごく伝わってきて,篠田さんが出演されていたからとかの理由抜きで非常に良い公演でした。

僕は2面のボスが好きです。

 

 

12日(日) 8beatStory♪ 8/pLanet!! 1st Anniversary 3rd LIVE 「行くぜBLITZ!青春の想いを込めて!」 赤坂BLITZ

この日だけはマイナビ付けなくても良いので...
2nd行けてなかったので3rd結構楽しみにしてました。身内の知り合いだけど知らない人も含めて十数人くらいで固まってた記憶があります。開始4曲がこっちを殺しに来ててしかも生バンドでめちゃテンション上がってしまった結果早くも疲れてしまいました。

そこからも落ち着いた曲もありながらも,楽しい曲が多くてはっちゃけて楽しかったです。

ライブの曲以外の点だと

・4thやります! → 新キャラのCV大橋彩香 → 4thに大橋彩香くるぞくるぞ → 5/12バンドリと被ってるやん

酒気帯び入場禁止なのにワンドリでアルコールあるけど???

パクチーを持ち込んでくるみずみ

で笑っていました。いろいろ面白かったです。

絶対4thで Lovely Summer 拾うぞ~~~~~~~~~~~~~~

あと金魚わかなさんの衣装がエロくて困りました。

 

 

26日(日) アニメガタリズ』ファン感謝イベント「阿佐ヶ谷家クリスマスパーティーへようこそ☆」① 豊洲PIT

orzと連番でした。僕はガーリッシュナンバーのオタクなので参加しました。キャスト14人ぐらいいて多かったですがメインなだけあって僕が目当ての千本木さんと本渡さんは結構喋っていたうえに,イベント開始でOP尺・朗読劇の最後でフル尺のグッドラック ライラックを聴けたので実質1.5グッドラック ライラックでかなり満足でした。

グッドラック ライラック聴いてください。

www.youtube.com

 

26日(日) every♥ing! Final Fantasia-Show 2017 ~Lesson3 輝く未来へ~ 中野サンプラザ

言いたいことはだいたい前の記事で書きました。

悲しくはありますが2017年最後のイベントがこのイベントで良かったなと今は思えています。

 

 

振り返ってみると今年は大橋彩香さんのイベント数より高田憂希さんのイベント数の方が多かったです。多分たまたまです。

来年もよろしくお願いします。

 

今年のイベントを振り返り(前編)

Otaku Advent Calendar 2017 10日目の記事です。

adventar.org

 

関東民に比べるとイベント数は全然なのですが今年は前年と比べてだいぶ遠征をした気がします。大阪7~8回東京5回福岡2回(イベント以外も含めてですが)かな?

交通費が往復だと

  • 大阪 約1万
  • 福岡 約1.5万
  • 東京 約2万

なので貯金がだいぶ崩れました・・・

 

全部書くと長いので印象的なとこだけ。

 

1月

14日(土) ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA 大阪城ホール

聴きたい曲がめちゃくちゃ聴けたと思えたのが良かったイベントでした。

2人目で大橋彩香さんが来て「YES!!」と「ワガママMIRROR HEART」初披露で年始からテンションを上げまくっていたら,連番してた同級生のオタクから「お前からそんな声が出ると思わなかった」と言われてしまう始末。

アニメのオタクなので「God Save The Girls」とか「僕らのフロンティア」で夏アニメ秋アニメの思い出に浸っていました。

しかしながら個人的な一番は「花ハ踊レヤいろはにほ」ですね。

祈りまくっていたらマジできてしまいました。チームハナヤマタではないものの死ぬまでに拾えて感動しかありませんでした。

 

15日(日) HoneyWorks meets TrySail「センパイ。」 大阪リリースイベント 朝日生命ホール

前日のTrySailツアー大阪公演に参加していませんが当たったので行きました。

TrySailのイベントは初めてだったのですが,距離近いリリイベがアドであることに気づきました。3人とも可愛いため結構どこ見るか迷いました。

トークの内容で印象的だったのが「BraveSail」の振りで夏川椎菜さんだけが他の2人とすれ違う?か腕組んで回る?時に2人の髪の匂いを嗅いでいるという話でした。

夏川椎菜さんに生まれたかったです。

 

15日(日) t7s LIVE -INTO THE 2ND GEAR 2.5- 夜公演 なんばHatch

ナナシスを知ったのが2016年8月末くらい,そこから曲は聴いてるけどキャストも半分くらいしか知らなくてキャラに至っては誰一人知らない状態で行きました。曲はもちろんなんですがこの日はMCが印象に残っていて,大西沙織さん演じるアレサンドラ・スースというキャラがめちゃくちゃ良いな~~~と感じ翌日にアプリをインストールし大方のキャラのエピソードを読みました。

 

2月

18日(土) 大橋彩香1stワンマンライブTOUR2017「OVERSTEP!!」 福岡 福岡BEAT STATION

2月でまだまだ寒かったので入場前半袖で凍えていましたが,キャパ350のライブハウスで距離感も近くかなりアガってしまい終わった頃には結局汗びっしょりでした。なんだかんだ最終的に2列目にいたし記念撮影の写真には多分最前で写ってます・・・

 

4月

22日(土) 23日(日) Tokyo 7th シスターズ 3rd Anniversary Live 17’→XX -CHAIN THE BLOSSOM- in Makuhari Messe 幕張メッセ イベントホール

t7s 2.5を終えてゲームをプレイし多少の知識をつけて参戦。

初日はステージから一番遠いブロックの3階席とかいう人権ない席だったので適当に見とくかぐらいの心持ち。しかし,あのクソかっこいいイントロ?オープニング?から「SEVENTH HAVEN」で完全にペースを持っていかれ1曲めからめちゃくちゃ楽しい気分になってしまいました。曲も本当に楽しいものばかりで文句の付け所がなかったです。結局1日目終わってすぐに,参加しない予定だった2日目昼公演のチケットを探して全通することになりました。

セトリがほとんど変わらないと分かっていてもめちゃくちゃ楽しくて,今までのライブで一番のイベントだと思います。

茂木伸太郎氏がただただすごい。

 

 

長くなりそうなのでここらへんで。